« 映画「酔いどれ天使」 | トップページ | 映画「天国と地獄」 »

2011年1月27日 (木)

映画「ヤコブへの手紙」

「ヤコブへの手紙」 クラウス・ハロ監督

1月19日(水) サービスデーのため1000円で観賞

Dscn0879

フィンランド映画といっても僕は「レニングラード・カウボーイ」のアキ・カウリスマキ監督作くらいしか知りません。そういえば首都ヘルシンキを舞台にした作品だと「かもめ食堂」があったっけ。今作はフィンランド独特の風俗が出てくるわけでもないし、ただの片田舎が舞台なのでフィンランドの観光が楽しめるわけでもない。でも寒々しいけれど自然に溢れた風景はとても住み良さそうで、「かもめ食堂」もそうだったけどフィンランド=住み良さそうなところとして僕の心にに再び焼き付きました。

主な出演者はたった3人。上映時間も75分という小品。今年初泣き映画となりました。

恩赦を受けて刑務所を出所したレイラは、盲目の牧師ヤコブと生活をともにすることになります。レイラの仕事は毎日届くヤコブへの手紙を朗読し返事の代筆をすることです。今作にはこの2人と、手紙を届ける郵便配達人の3人だけで物語が進行していきます。

牧師であるヤコブは本来ならばキリストが生きる支えになるはずですが、盲目のヤコブの生きる支えは手紙です。一方のレイラは生きる目的を失っているうえに、それを探そうともしていません。

そしてある日を境にヤコブの元へは手紙が一通も届かなくなります。心の支えが絶えたときヤコブは絶望します。同じとき一方のレイラも自分がまったく社会とつながりがないことに絶望します。ヤコブの元を去ろうとタクシーを呼んでも行き先がないのです。そして一つの終末と一つの心の灯に火がついたところで今作は終わります。

孤独を孤独と受け止めることができず、感情さえ封印している人間が、現実を受け入れたとき、死に救いを求めるという構図を今作は一度提示します。しかし、死に救いはないことは明白で、鎧をまとうように感情を閉ざしていたレイラが感情を吐露することで、涙を流すことさえできる人間性を取り戻したラストにぐっときました。そして号泣でした。

|

« 映画「酔いどれ天使」 | トップページ | 映画「天国と地獄」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/50701434

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヤコブへの手紙」:

« 映画「酔いどれ天使」 | トップページ | 映画「天国と地獄」 »