« 映画「武士の家計簿」 | トップページ | 映画「「ヤギと男と男と壁と」&「ハング・オーバー」 »

2010年12月25日 (土)

映画「トロン:レガシー」

「トロン:レガシー」 ジョセフ・コシンスキー監督
12月21日(火) 会員デーのため1300円+3D料金=1700円で鑑賞

Dscn0844_2

子供のころ夢中になった「トロン」であり(実際は子供じゃなかったけどね)、音楽は大好きなダフトパンク、そして3D映像。めちゃくちゃ期待しました。劇場では何度も予告編を見ましたし、東京国際映画祭ではダイジェストのようなのを金を取って上映したんでしょう。そりゃアガル、アガル。

予想していたのは、ダフトパンクのご機嫌な音楽に乗って、めくるめく3D映像であのバイクが目前にビュンビュン行き交い、同じようにダフトパンクの音楽であの背中のディスクが音楽のリズムに合わせてノリノリなってビュンビュン飛び交う。青と白、黄色、赤の蛍光色がサイケデリックな感じで3Dで浮かび上がる。もちろん音楽はダフトパンクだから間違いない。脳が痺れて、無感覚になって3D映像に溶け込む。そんなトロンの世界に僕も他の観客もインプットして、1999年に苗場で体験したアンダーワールドの音と映像で得た多幸感が再び……なんて思っていたのです。

結果として、そんなものはありませんでした。

期待感が大きすぎて、落胆の度合いがとんでもない。ここ数年では一番の期待はずれ映画であり、がっかり映画でした。アシッド感を期待した自分が本当に大馬鹿。確かにディズニー映画だもんね。

物語はいつかどこかで見たことがあるディズニー映画。親を乗り越え、ヒロインを助け出し、新しい世界に旅立つ主人公。在り来たりすぎる。そしてなぜかジェフ・ブリッジスは「禅」を持ち出す。「禅」か〜。僕は動的なものを求めていたのだけど、「禅」って静的なものですよね。う〜〜みゅ。さらに3Dは効果が薄いし、音楽と映像のシンクロはほとんど楽しませてくれないし。

その夜は、あんまりのガッカリ感にまっすぐ帰宅する気になれず、居酒屋でヤケ酒しながらツイッターで「トロンはがっかり」をつぶやき続けたのでした。

|

« 映画「武士の家計簿」 | トップページ | 映画「「ヤギと男と男と壁と」&「ハング・オーバー」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/50396706

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「トロン:レガシー」:

« 映画「武士の家計簿」 | トップページ | 映画「「ヤギと男と男と壁と」&「ハング・オーバー」 »