« 映画「わが青春に悔なし」 | トップページ | 映画「生きる」 »

2010年10月21日 (木)

映画「花と蛇3」

「花と蛇3」 成田裕介監督

10月2日(土) 鑑賞券により900円で鑑賞。

Dscn0476

花と蛇、1も2も見ていません。職場のそばのチケットショップで鑑賞券が安く売られていたので、興味本位で見てみました。

主役の小向美奈子さんの演技が微妙で、官能というよりはただ怖がっているだけに見えちゃうのが残念。なによりも顔の表情が作れないのが痛いです。だから特に中盤まではホラー映画を見ているような気分でした。

演技はできないのですが、さすがに身体には存在感があって、「肉塊」とでもいいましょうか、たっぷり肉が詰まってる感じは悪くありません(僕だって男ですから)。

調教師役は火野正平で、この人の存在感があったからこそ、この作品をAVではなく映画作品として踏みとどまらせていたんだと思います。出てくるだけで息苦しくなるんだから火野正平という役者は本当に実力があるんですね。

Dscn0475

劇場には小向さんが映画で着ていた長襦袢が展示されていました。

|

« 映画「わが青春に悔なし」 | トップページ | 映画「生きる」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/49805029

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「花と蛇3」:

« 映画「わが青春に悔なし」 | トップページ | 映画「生きる」 »