« 映画「蜘蛛巣城」 | トップページ | 映画「ミックマック」 »

2010年9月27日 (月)

映画「どん底」

「どん底」 黒澤明監督
9月26日(日) シネマブルースタジオにて鑑賞

Dscn0463

1957年という古い作品の上に、黒澤明監督のフィルモグラフィーの中でも語られることが少ない映画ですが、とても面白かった。というかこの特集上映で見た4本の作品のなかではダントツに面白かったです。

今回はゴーリキーの原作を読んでから鑑賞しました。原作を読んだ時点ではこれを映画化してもたいして面白くならないんじゃないかなと思っていました。木賃宿の室内とその中庭だけで物語が進行していくので、話に変化がつけづらいのではと思ったからです。ですが、予想は大きく裏切られました。舞台を江戸時代の最下層の人が暮らすドミトリーに移し、住人の服装をボロボロの着物にすると、原作以上の「どん底」感が伝わってきました。さらに寒さ、雨、日向ぼっこをするような陽気に嵐と、気候の変化を取り入れることでシーンに変化が出て物語に彩りが出ていました。

とにかく俳優たちの演技が素晴らしく、というかさ、あんな異形の俳優たちは今はどこを探してもいないでしょう。ラストではそんな俳優たちが馬鹿囃子で歌い踊ります。ビートやリズムは茶碗や人の声で紡がれていて楽器は一切使われていません。それでもちゃんと曲の伴奏になっています。それは紛れもなくヒューマンビートボックス、間違いなくヒップホップの手法です。このシーンは本当に素晴らしくて、それまでの長回しとは打って変わって、人物のアップを短いカットでつないでいくことで画面が馬鹿囃子のテンポに乗ってスウィングしていくのです。バカバカしくて楽しくて、悲しくて。そして唐突に訪れるラストシーン。これがビックリ。俳優の顔のアップ、一言の決め台詞、ヒューという笛の音と同時に現れる「終」の文字。格好イイ、痺れた〜。

今回もプリントの状態はすごくよくて、この特集上映を主催している方々の努力に頭が下がります。来週は「わが青春に悔なし」です。北千住の東京芸術センターでの特集上映「黒澤明 生誕100年記念 23作品一挙上映」2月まで続きますのでみなさんもぜひ足を運んでみては。

|

« 映画「蜘蛛巣城」 | トップページ | 映画「ミックマック」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/49577877

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「どん底」:

« 映画「蜘蛛巣城」 | トップページ | 映画「ミックマック」 »