« 映画「姿三四郎」 | トップページ | 映画「蜘蛛巣城」 »

2010年9月17日 (金)

映画「キック・アス」

「キック・アス」 マシュー・ボーン監督
9月16日(木) したまちコメディ映画祭in台東 前夜祭「映画秘宝まつり」で鑑賞

Dscn0451

今回は感想というより、行ってきましたの報告になっちゃったっす。すんません。

そもそも平日なのに開場17時の開映17時30分なんてまともな会社員では鑑賞するのが絶対無理な時間設定。これに参加している時点でまったく社会に適合していない大人だということが決定してしまうわけですが、会場は満員。チケットは当日券も含めて売り切れだったそうです。

というわけで満を持しての「キック・アス」。本当に楽しい映画体験でしたよ。原作がアメコミ、そしてアメコミへのオマージュ溢れる遊び心の数々。やっぱり誰もが思う「ヒット・ガール」が最高ですね。11歳の小さな女の子が大人を殺しまくるんですが、その姿と躍動感に惚れ惚れしちゃいました。ニコラス・ケイジがまるでバットマンのように動きまわるんですが、これも見所です。もちろんタイトルになってる「キック・アス」もクライマックスで大活躍しますよ。これがまた面白くて……って何を書いてもネタバレになっちゃうなあ。公開は12月だし、詳しくは劇場公開後にもう1度見たときに書きますね。ホントに楽しかったなー。

会場もいい雰囲気で、笑い声も響いていたし、クライマックスでは拍手が起きました。もちろん僕も声を出して笑って、手を叩きました

映画上映後は町山智浩さんと水道橋博士による「フ◯ック・アス」が。博士の水野晴郎に対する愛情に溢れた映像はお口あんぐりの予想外の展開でした。

Dscn0454

会場にはいつも聞いてるキラキラから花が届いていました。パチリ。

|

« 映画「姿三四郎」 | トップページ | 映画「蜘蛛巣城」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/49477288

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「キック・アス」:

« 映画「姿三四郎」 | トップページ | 映画「蜘蛛巣城」 »