« 映画「BECK」 | トップページ | 映画「カラフル」 »

2010年9月 2日 (木)

映画「悪人」

悪人」 李相日監督
9月1日(水) 試写会で鑑賞

無料で見せてもらった映画についてあれこれ言うのは気が引けるので報告だけにしておこうっと。心に突き刺さる重たい重たい映画でした。出演者すべての演技が素晴らしく、バス運転手役のモロ師岡さんまで印象に残る演技をしていました。また北九州の田舎の風景にガツンとやられました。ヒーローショーとかサイタマノラッパーもそうでしたが地方の国道沿いの風景って孤独を際立てさせますね。一つわからなかったことがあって、なんでイカの目にズーミングしたんだろう?原作と関係あるのかな。

※ツイッターでつぶやいたことを追記

・井筒監督の「ヒーローショー」の脚本陣は「悪人」の原作を読んでいたに違いなく、そしてかなりのインスパイアを受けたんだろうなということ。一見異なる映画に見えるけど類似点が多くて色々考えるのが楽しくて〜。

・でも笑っちゃうのは映画「ヒーローショー」と「悪人」とを繋ぐのは日産車だということ。片やシルビア、片やGTR。田舎とか郊外を表現するのに軽自動車以外では日産車がやたら似合う。孤独なんだからエルグランドなんてあり得ないのだ。

・でもそういう地方とか郊外の閉塞感とか孤独は昔から日本映画では描かれていてそんなに珍しいものではないよね。それはピンク映画やロマンポルノで見ることができた。たとえば赫い髪の女とか、瀬々監督の雷魚とか。

・映画「悪人」でぐっときたシーンがあって、それはネタバレじゃないから書くけど、出会ってすぐにラブホで抱き合う二人で。あの抱きしめ方、抱きしめられ方はもう自分の経験反映してしまって震えたです。普段一人で寝たり起きたりしている人は人の重み(つまり重量)を求めるんだよ。

|

« 映画「BECK」 | トップページ | 映画「カラフル」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/49323569

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「悪人」:

« 映画「BECK」 | トップページ | 映画「カラフル」 »