« 映画「ヒックとドラゴン」 | トップページ | 映画「インセプション」 »

2010年8月19日 (木)

映画「ベスト・キッド」

ベスト・キッド」 ハラルド・ズワルト監督
8月14日(土)日本語吹き替え版をTOHOシネマズデーのため1000円で鑑賞

Photo_2

言わずと知れた超有名作のリメイク版。ウィル・スミスの息子が主役で、旧作ではパット・モリタが演じた空手の師匠役がジャッキー・チェンという不思議な配役。

老け役のジャッキーが心配だったけれど、それは杞憂でした。ちゃんとアクション的見せ場もあったし、くたびれた初老の男性をしっかり演じきっていました。あのジャッキーがペーソス溢れる演技なんてびっくりですよね。

一方のジェイデン・スミス君。カンフーは頑張った。演技も問題ない。でもいかんせんまだ子供なんですよね。体のパーツすべてがスリムすぎて、アクションのキレは抜群でも技の一つひとつに力強さや重さが感じられませんでした。惜しい。撮影当時12歳。体が出来上がるまでもう2〜3年待ってなかったのかな。

そして問題は上映時間。140分はいくらなんでも長過ぎ。中国ロケだから頑張ってしまったのかな。全体的にテンポが悪く感じてしまいました。

ちょっと辛口のコメントをしてしまったけれど、それでも映画自体は楽しめましたよ。

余計なお世話でしょうけど原題が「The Karate Kid」なんですよね。でも劇中で行われる競技はカンフーなんですよ。邦題は「ベスト・キッド」だから良いにしても、海外の人は空手とカンフーを誤解しちゃうんじゃないかな。

|

« 映画「ヒックとドラゴン」 | トップページ | 映画「インセプション」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/49190702

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ベスト・キッド」:

« 映画「ヒックとドラゴン」 | トップページ | 映画「インセプション」 »