« 映画「ルンバ/アイスバーグ」 | トップページ | 映画「ペルシャ猫を誰も知らない」 »

2010年8月31日 (火)

映画「乱」

「乱」 黒澤明監督
8月28日(土)シネマブルースタジオにて1000円で鑑賞

Dscn0408

今月から地元北千住の東京芸術センターで特集上映「黒澤明 生誕100年記念 23作品一挙上映」が始まっています。このシネマブルースタジオというのは撮影スタジオを利用した映画館で、本来スタジオですから天井の高さが10メートルもあります。その高さを利用したスクリーンは巨大で最近のシネコンではあり得ないサイズです。TOHOシネマズ日劇も大きいですがそれに匹敵するほどです。そしてその巨大スクリーンで見た「乱」は「映画を体験した」という喜びに満ちたものになりました。

この映画は1985年の作品。その昔見た時は若すぎたこともあって、この映画をほとんど楽しめませんでした。原作がシェークスピアのリア王だということは知っていましたが、「それがどうした、映画は見れば分かるんだ」という考え方だったのでしょう、原作との関連性を楽しむこともできませんでした。

そんなわけで今回は事前にシェークスピアのリア王を読んでから映画に臨みました。これが良かった。リア王の物語を知っていて映画を見たら楽しみが倍増しました。

黒澤監督がどのようにリア王を翻案したのかを見るのも楽しかったし、そしてそれがパズルのように見事にはまっていたことも楽しめました。そもそもリア王の物語を分かっていないとピーターの道化の役どころが不可解ですもんね。さらに、以前見たときは退屈なだけだった狂った後の景虎のシークエンスでは、仲代達矢の演技者としての凄さも伝わってきました。

そして映像のスケールの大きさや色彩の華麗さも堪能です。やっぱり次男の赤の戦装束は映えます。そして、なんといっても合戦シーンが凄かった。物凄い数の足軽たち、騎馬隊の迫力、CGではなく全てリアルな人間がうごめいている。大興奮してしまいました。大スクリーン最高!やっぱり劇場で見るのが好き!となぜか、この劇場にときめいちゃってましたよ。

翌日に録画してあった今作をテレビで見なおしたんですが、ハイビジョンで見るとさらに分かるんですよ彩りの楽しさや衣装の面白さが。提案としては大スクリーンで興奮を味わって、ハイビジョンで色の華麗さを再認識するという見方がいいかも。

ブルースタジオで始まった黒澤明の特集上映はまだまだ始まったばかり。「隠し砦の三悪人」をあの大スクリーンで見たみたいな〜。というより残り全部見たい。あの大スクリーンは他にはかえがたいです。

|

« 映画「ルンバ/アイスバーグ」 | トップページ | 映画「ペルシャ猫を誰も知らない」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/49306382

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「乱」:

« 映画「ルンバ/アイスバーグ」 | トップページ | 映画「ペルシャ猫を誰も知らない」 »