« 映画「アウトレイジ」 | トップページ | 映画「闇の列車、光の旅」 »

2010年6月26日 (土)

映画「ヒーローショー」

「ヒーローショー」井筒和幸監督

6月23日(水)、サービスデーだったために1000円で鑑賞。男なのに1000円、偶然だったからとても嬉しい。

Photo_2

今回は感想がうまく書けなかった。ごめんなさいです。思い入れが強くなると書けないものですね。

本当に馬鹿馬鹿しい理由からリンチ殺人を犯すまでに至る前半と、ジャルジャルの2人によるロードムービー的な展開になる後半。僕はこの後半に痺れてしまいました。

喧伝されているように前半のバイオレンスシーンは強烈でした。そしてそこに至る過程も恐ろしくリアルに描かれていました。でも、無責任で身勝手な若者のリアルな日常なんて映画は遥か昔から山のように作られてきたわけで、井筒監督なら面白く撮れて当たり前です。

だからジャルジャルの2人のねじれたバディ関係を描く後半がたまらなく良かった。勝浦から鴨川シーワールドへ、ロードムービーに欠かせない車はだいぶくたびれた日産シルビア。若者の孤独を際立たせる舞台設定にこれ以上ふさわしいものはないのです。

そんな千葉県の風景に浮かび上がるジャルジャルの2人は本当に愛しくなるほど悲しい存在です。どちらも呻き声を出したくなるほどの現実を背負っている上に、殺人の後始末までのしかかってくるんです。

映画の後半に井筒監督はそんなイッパイッパイな状態の2人をごく普通に流れている日常へ放り投げます。サラ金、葬式会場。イルカショーの水族館のシークエンスなんて数時間前の殺人がなかったことのように描かれます。でも、それが日常なんです。人を殺したって時は流れていく。心えぐられましたた。井筒監督もイーストウッド並に容赦無いと思いました。

ジャルジャルを含めて出ているすべての役者が適役でした。鬼丸兄弟というキャラがまた面白くて、本当にあんな若者いるよね。よく見つけてきたと思いました。

青春映画は数あるけれど僕はこんな青春映画が見たかったんです。年に何本も映画を見ていますが、こういう心をえぐられる作品に出会えるから映画を見続けるんだろうな。

|

« 映画「アウトレイジ」 | トップページ | 映画「闇の列車、光の旅」 »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/48725594

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「ヒーローショー」:

« 映画「アウトレイジ」 | トップページ | 映画「闇の列車、光の旅」 »