« なぜ走るのかな | Main | ライアンはライアンでも »

Saturday, September 13, 2008

どこまででも走っていけそうな曲

 不意に聞こえてくるニッコニッコSONG。iPodをシャッフルで聞きながら走っていると聞こえてくる、予期せぬご機嫌な曲。
 昨日皇居を音楽を聞きながら走っていたら流れてきたのがOcean Colour Sceneの「Up on The Downside」。
 この曲は2001年発売のMechanical Wonderの1曲目の曲だ。
Ocs

BPMがちょうど良いのかな。なんか幾らでも走れるように力がみなぎってきて、ちょうど桜田門あたりの下り坂だったから、走りのスピードも乗っていて最高だった。

Ocean Colour Sceneが好きになったも、この曲を聴いてから。彼女と車に乗っていて、FMラジオから偶然流れて来てね。なんかカーネーションがポール・ウエラーしてるっぽい曲だね。すてきな曲だね、なんて良いながら曲名とアーチストをチェック。そしたらOcean Colour Sceneだったわけ。
なんだよ、何度もフジロックで見てるじゃん。とか、思ったけど、フジロックでの記憶はない。ま〜さっそくCDは買い集めたけどさ。

で、その後、来日を心待ちしてたら、去年のフジロックに来てくれた。ほぼ最前列で見たけど、でも、この曲はやってくれなかったんだよね。

ま〜そんなわけで、オレにとっては音楽とランニングは切り離せないです。

|

« なぜ走るのかな | Main | ライアンはライアンでも »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/43071910

Listed below are links to weblogs that reference どこまででも走っていけそうな曲:

« なぜ走るのかな | Main | ライアンはライアンでも »