« Utada/EXODUS 全曲日本語で録り直してくんないかな | Main | 「大量破壊兵器、見つからないだろう」米国務長官が断念 - asahi.com : 国際 »

Tuesday, September 14, 2004

華氏911 マイケル・ムーアはラストにRockin' In The Free Worldを流した

華氏911を見てきた。
映画のラスト、エンドロールのバックに流れたのはニール・ヤングの「Rockin' In The Free World」だった。そういえば、この映画のTV-CMのバックにもこの曲が流れていたっけ。でも、映画のテーマソング扱いになっているとは驚きだった。

「Rockin' In The Free World」という曲は今まで2回レコーディングされている。1つは89年に発売された「Freedom」というアルバムで。今回、映画で使われたのはこのバージョンだ。
B000002LHM.01.LZZZZZZZ.jpg
Freedom」のジャケット写真、人民帽をかぶったニール・ヤングが写っている。そしてタイトルが「自由」だ。
このアルバムはちょうど中国で天安門事件が起きた直後に作られた。アルバムの最初と最後に「Rockin' In The Free World」が収録されている。「自由な世界でロックし続けようぜ!」というニールのメッセージだ。

91年に発売された「Weld」というライブアルバムにも「Rockin' In The Free World」は収録されている。
B000002LQM.01.MZZZZZZZ.jpg
Weld
このアルバムは録音されたツアーの最中に湾岸戦争が起こったため、その影響でアルバム全体にニールの押さえようのない怒りが込められている。ディランの風に吹かれてのバックでは機関銃や爆弾の爆発音がコラージュされている。「Rockin' In The Free World」も同様で、めちゃくちゃハードな仕上がりになっている。

湾岸戦争から10数年が経ち、アメリカはまた愚かな戦争を始めてしまった。マイケル・ムーアがこの曲を映画のラストに流した理由は明白だろう?89年に発売されてから15年。ニールのメッセージが未だに響くというのは悲しいことだ。

11月のアメリカの大統領選。ブッシュは再選されるのだろうか?たとしたらホントにアメリカ人はアホで間抜けなんだと思う。あ、そういえばニールはカナダの人だけどね(笑)


|

« Utada/EXODUS 全曲日本語で録り直してくんないかな | Main | 「大量破壊兵器、見つからないだろう」米国務長官が断念 - asahi.com : 国際 »

Comments

こんなジャケのこんなシングルが出てます。
大型店にはまだ在庫あったと思います。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0002VEU12/qid=1095199227/sr=1-2/ref=sr_1_0_2/249-7040632-8611507

Posted by: ZEE | Wednesday, September 15, 2004 at 07:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3282/1434959

Listed below are links to weblogs that reference 華氏911 マイケル・ムーアはラストにRockin' In The Free Worldを流した:

« Utada/EXODUS 全曲日本語で録り直してくんないかな | Main | 「大量破壊兵器、見つからないだろう」米国務長官が断念 - asahi.com : 国際 »